幸せに暮らしたい日記

未経験を一つでも減らしてから死にたいのに、小心者すぎてスマホという窓を通してしか世界を見ることのできない日々をそろそろやめたい人の心の叫びとメモ

辛いなら病院に行けばいいのに

 

仕事を18時15分に切り上げ

 

そそくさと電車に駆け込んだ

 

 

19時半に行く予定だった心療内科

(勝手にそうするつもりでいた)

19時に来れませんか?と言ってきたからだ

 

あ、行けます、と答え

 

慌ただしく仕事を終えた。

 

 

最後にその病院のお世話になったのは

今年の3月だったのだけど

 

また厄介になるとは思っていなかった

 

 

日曜の朝から、どうも調子がおかしい

 

 

止まない動悸

強い不安感

止まらない妄想

希死念慮

 

 

間違いなく

これはダメなやつだと分かった

 

 

健全な精神の持ち主にはきっとわからない

 

「間違いなくこれはダメなやつ」

という状態が

 

私たちには訪れることがある

 

 

 

案の定、今朝は5時に目覚め

止まない動悸と格闘し

寝たり起きたりを繰り返しながら

7時半にベッドから這い出した

 

 

春にもらっていた

ソラナックス

最後の一錠を飲んで

シャワーを浴びた

 

 

 

シャワーから出ると

手足は少し重たかったけれど

 

 

動悸は収まり

不安な気持ちがほぼ消えていた

 

 

 

ソラナックスとは

抗不安薬である

 

 

比較的軽い薬で

副作用も少ない

 

眠気くらい。

 

 

 

 

人の目を気にしすぎる私にとっては

これを飲んで少しぼんやりするくらいが

集中力が高まって

かえってよかった

 

 

 

プラセボだという人がいるかもしれない

 

 

それでもいいのだ

 

 

 

会社に行ければ。

 

朝布団から出られれば。

 

電車に泣かずに乗ることができれば。

 

朝から夜まで動悸を感じることなく

パソコンの前に居られれば。

 

 

こんなに幸せなことはない。

 

 

薬に頼っていいのだと

今日初めて思った

 

 

こんなに穏やかな気持ちで居させてくれる

薬は本当に素晴らしい

 

 

わたしの通う心療内科の先生は

薬を出すためだけにいる

 

 

診察は2分。

 

 

どうしましたか?

そうですか。

頓服増やしときますね。

 

 

これ以外に

先生の声を聞いていない気がする。

 

 

2分で2400円取れるのだから

医者は本当にすごい。

 

 

ODの危険など全く考えない風で

ドカンと薬を出してくれる

この先生は神だ

 

 

 

辛い人は、

迷わず病院に行くべきだと

わたしは思う

 

 

まさか自分がそんな、

なんて

思っていても辛いだけだ

 

 

病院にいって

ちょっと薬をもらうだけで

 

毎朝の電車が楽になるかもしれない

 

会社の門をくぐる

その足取りが軽くなるかもしれない

 

人の目が気にならなくなるかもしれない

 

人前での発言が楽になるかもしれない

 

 

 

薬漬けになっては困るけど

 

心地よく生きるためなら

 

意地を張る必要はないと

 

わたしは思う

 

 

 

アルゲリッチは読書に向かない

 

昨日、夜の三条を歩いた

 

素敵な姿形をした恋人たちがたくさんいて、

 

こんなところに連れてきてくれる彼氏はセンスがいいな、

 

だけどわたしは男性と一緒に外を歩いてはいけない容姿だから、そんな気の利いたことしてくれる人とは付き合えないな、

 

だとかをぼんやり考えながら歩いた

 

 

しばらくして、なんだかここ歩いたことあるぞと思った

 

 

そしてそれは去年の今頃の話で、

 

隣には彼がいたこと、

 

ここのカフェ行ったことあるっけと言われて、行ってないのに勘違いして、一緒に行ったじゃない忘れないでよと主張したこと、

 

お昼を食べに入ったイタリアンで意地悪なことばかり言う彼の脛を爪先で小さく蹴飛ばしながら笑いあったこと

 

そういうことを一気に思い出した

 

 

去年は一人じゃなかったし、わたしもアベックでここを歩いたひとりだったんだと思った

 

わたしが知らないだけで、たぶん彼はこのアスファルトを何度も踏んでいるはずだと思うと、同じ道を歩いているかもしれないことが少しだけ嬉しくなったけれど、

 

わたしがひとりである事実には変わりなかった

 

急に寂しくなって早歩きをした

 

 

朝起きて着替えて、

洗濯機に通勤バッグを突っ込んだ後

 

顔も洗わずに、

ふらふらと近くのドトールに行った

 

 

川上未映子さんの

『すべて真夜中の恋人たち』を

今日こそ読みきろうと思っていた

 

 

むかしから、本との遭遇運?だけは

とても強い方だと思っているのだけど

今回もそうだった

 

と言っても、この本はかなり有名だし

今更読んだの?と言われそうで不安だけど

 

平易な文体でわかりやすくて

どこか、透き通るような感じ

 

そして、まさに今読まなくてはいけない本だった

 

 

とても印象に残っているのは

 

「どこまでが自分の感覚なのかわからなくなる」

 

という聖の話。

かなり共感した。

 

自分で作ったと思っている

"自分の"考えなんて

結局誰かの受け売りであったり

何かの映画や本に影響を受けていたり

 

そんなことばかりで

 

独自なんてそう容易くない

 

 

そう思うと

突然自分が空っぽになったような気がして

 

その辺でポイ捨てされてる空き缶と

同じような気がしてきて

 

やっぱりわたしの存在は

耐えられないほど軽いと思った

 

 

だけど主人公の入江冬子は

最後に

自分の言葉を見つける

 

それは聞いたことがありそうだけど

たしかに聞いたことがない言葉だし

だれも口にしたことがないんじゃないかと思う

 

読後感は、なんだかスッとした感じだった。

 

わたしは、

心の根っこはきっと冬子なのだけど、

聖で身体を覆っておかないと不安な人間だと思った

 

そして大概の人間は、

聖の部分も、冬子の部分も

持ち合わせていると思ったし

 

やっぱりわたしはどうしようもなく

どこにでもいる普通の人間でしかありえないのだと思った

 

 

 

わたしは本を読むときは

歌詞のない音楽を聴くのが好きで

だいたいピアノだけの曲を聴いているのだけど

 

そしてそれは

だいたいの場合サティなのだけど

 

今日はサティは嫌だった

 

かといってクラシックに明るいわけではないので

 

iTunesで見つけた、

アルゲリッチ子供の情景をかけてみることにした

 

アルゲリッチの雰囲気は知っていたけど

 

ここまで読書を阻害するものだとは思わなかった

 

わたしはアルゲリッチの表情のある弾き方が好きだし

よくわからないけど一般的に言われるように

とてもすごいピアニストだと思う

 

 

 

 

だけど、だめなのだ

そのせいで、読書に不向きなのだ

 

 

 

 

なんというか、

本のそれぞれのページに

色がついたようになってしまって

 

全く集中できない

 

 

そればかりか、

今後この本を読み返した時に、

無意識下で自動的にアルゲリッチが流れるようになるんじゃないかとか

この本をアルゲリッチの色に染めたいわけではないとか

 

そういう思いがどんどんわたしを不安にさせて

 

とにかく聴くのをやめた

 

 

そのあと、

本を読み進めるうちに登場した

グレングールドの子守唄とか

そういったものを聞いてみて

 

これは許せると思った

 

 

本に出てくるからという

単純な理由だったけど

グレングールドの子守唄は

とりあえずこの本を阻害しなかった

 

それでもやっぱり

わたしはイヤホンを耳から外した

 

 

そして結局、

ドトールのスピーカーからランダムに流れる音楽や

隣のおじさんのタバコに火をつける音

だれかがコーヒーカップをソーサーにカチャンと置く音

 

そういった音が読書には最適なのだと思った

 

 

自分の選んだ音楽で

その本を染めたくないことに気がついた日になった

 

人の話し声は嫌いだから

電車の中では仕方なく何かを聴くけれど

 

そういう時以外は日常の音が一番だと思った

 

 

 

どうでもいいけれど、

昨日は産業医の面談だった

 

だけど、産業医は医務室にいなくて

保健師のおばさんがいた

 

ご飯はちゃんと食べていますかと聞かれ

 

グラノーラの食べ過ぎは良くないことなどをとやかく言われ

 

酷く疲れた

 

すくなくとも、あなたよりお腹は出ていないし胸だって5カップくらい大きいだとか、

 

人の健康に口出しをする仕事になぜつこうと思ったんですか?と、

 

あとちょっとで言いそうになったけれど

(絶対言わないんだけど)

 

全く関係のないわたしに

 

あんなにもしつこく

栄養バランスの大切さを説いたり

将来のことを考えると健康は大事だ、

と言ったり

いつか子供を産むつもりなんでしょう?と

さも心配そうに、問いかけることは

 

たとえ仕事とはいえ、

わたしは死んでもしたくないので

 

少しだけ尊敬の念を抱いた

 

 

 

せっかくの三連休、何一つも予定がない

 

とにかく服を捨ててみたいと思っている

 

 

不毛

 

死にたいと思わないでいられたのは

たった一ヶ月だった

 

 

ツイッターをやめて

一ヶ月ちょっと

 

とどまることのなかった

希死念慮とマイナス思考に

やっと歯止めがかかったと思っていた

 

 

「考えに考えた末の自殺ではなく、

 たしか、その夕方、

 いつも夕食をするスナックで

 夕刊を読んでいるあいだに、

 急に死にたくなったのだった。」

 

今朝の電車で読んだ

三島由紀夫の『命売ります』p6/ℓ7

の、一文。

 

 

これだよこれ

と思ってしまった。

 

 

それ以上なにも読めなくなって

本はパタンと閉じたきりだ

その先どうなるのかまだ知らない

 

 

今のわたし

 

仕事はそこそこ楽しい

会社の人は神のように優しい

お金には困っていない

家もある

美味しいものも食べた

 

それでも何か足りない

 

……何が足りない?

 

 

♪"I know I need to be in love〜"

 

 

延滞していたアウトレイジ

ツタヤで1000円弱払いながら

 

「中華料理屋の親父の右耳に

 箸が突き立てられたシーンで

 首根っこにしがみついたら

 いい匂いがしたな」

だとか

 

「この人死ぬんじゃない?って

 囁き合ったこと」

だとか

 

「そのあとの夜のこと」

だとか

 

をぼんやりと思い出したあと

 

 

切らしていたジャスミンティ

小雨の降る中

セブンイレブンまで買いに行く途中で

いつの間にか口ずさんでいた

 

カーペンターズの青春の輝き。

 

 

 

何故わたしは

まともな恋愛が出来ないのか

 

何故続かないのか

 

 

一生続かない恋愛は

無意味だと心底思っているから

そんなのに心を砕くくらいなら

刹那的な関係でいいと思っているからなのか

 

 

それともそれは強がりで

男性が刹那的な関係しか築きたくない何かを

わたしが発しているからなのか

 

ただブスだからなのか

女性的な魅力に欠けるからなのか

 

 

つまるところ

わたしは愛されないのだ

 

なぜだ

 

道行くカップルを眺める

いよいよわからない

 

 

彼氏の隣を幸せそうに

羽でも生えているかのように

軽やかに歩くあの子とわたしと

何が違うのか

 

 

 

死にたい。

 

 

 

あっさりと死にたい。

 

 

 

考えれば考えるほど

相思相愛とは奇跡だと思えてくる

 

 

絶対浮気しない人なんて

いないわけだから

 

どうせ付き合うなら

浮気されても

腹が立たないような人がいい

 

束縛し合うなんて誰も幸せにならないと

必死でそう信じこんできた

 

 

 

 

なにかが間違っていることは

ちゃんとわかっている

 

 

でもどうすることもできない

 

 

解決策?死?

 

 

こんな関係は嫌だと

泣き叫べばいい?

 

デートに行きたいと

ワガママを並べ立てて

上目遣いで

無邪気に袖を引っ張ればいい?

 

 

できっこない

 

 

 

こっちから連絡をしない

 

好きと言わない

 

ラインはキリのいいところで止める

 

あくまで

「わたしはこれでいい」

という態度に徹する

 

 

それでよかったのに

 

手料理を振る舞い

寝起きの微睡の中で

恋人の有無を尋ねてしまった

 

 

なにをしてるんだろう

 

勝手に事態を重くしているのはわたしだ

 

馬鹿め。

 

 

 

 

雑誌のタイトルを考えるときはいつも

自分が救われそうな言葉を練る

 

 

凡人のわたしの悩みは

おそらくすごく一般的だから

わたしが救われる言葉なら

かなり多くの人が救われるはずだと

信じているけど

自惚れに違いないとも思っている

 

 

 

 

わたしも救われたい

 

 

 

 

今、素直に受け入れられて

わたしの心にしっかりと届くものは

 

映画と小説と占いしかない

 

 

人の言葉を素直に受け取れなくなったのは

いつからなのか

 

 

いい人間になりたいと願いながら

いい人間はつまらないと

馬鹿にしているわたしに気付く

 

 

もう十分生きた気がすると思いながら

 

 

また明日が来てしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼のこと。

 

台風が行ってしまって

 

顔に吹き付ける風が少うし冷たくて

 

 

こんな日には決まって

彼を思い出すのです

 

 

昨日何気なく入った

四条のプロント。

 

そこで『痴人の愛』を片手に

パスタを食べながら

はたと気づきました。

 

 

そういえば私は去年の今頃も

ここでポツネンとしていたな、と

 

 

それは紛れもなく

彼に京都市立美術館デートを

すっぽかされたからで

 

あと2時間待ってもらえたら行けます

の一言を信じて

 

結局暗くなるまでカフェに

引きこもっていたのです

 

初デートになるはずでした。

 

あれから1年経つわけです。

 

 

 

これまでに

彼と行った場所は

全部覚えています

 

 

 

少ないから。

 

 

 

グランヴィア

三井ガーデンホテル別邸

なんか和食屋さん

なんかのアジアンカフェ

なんとか珈琲

京都ガーデンパレスが二回

京都御所

なんかのイタリアンの店

京都駅のもつ鍋屋

 

 

四条の裏通りで突然手をつながれたり

 

いつも帰り際に両手で頬を挟まれたり

 

怒っているの?と覗き込まれたり

 

小さな川に膝カックンで

突き落とされそうになったり

 

私がぜんぜん違う方向に歩いてるのに

声をかけずにニヤニヤ観察されていたり

 

 

何もかも普通ではありませんでした

 

移動はいつもタクシーで

 

電話もラインも全くつながらない

 

お昼の街は二度しか

一緒に歩いたことがありません

 

 

向こうの都合のいい時だけ

連絡が来る

 

私はそれにどこまでも合わせて

時には終電後の夜中に

三条駅までタクシーを飛ばしました

伏見区から。

 

 

最後に会った彼は

知り合ってから初めて見るスーツ姿で

クロアチアで買ったという

大層良い香りのジェルで

前髪を上げて

 

店の入り口で彼を探して視線を泳がす私に

笑顔で片手をあげました

 

私の好きな食べ物がすでに

机いっぱいに並べてあって

 

だけど私は幸福感でもう満腹で

 

それでも無邪気を装って

全部美味しいね、と平らげました

 

タクシーで蛤御門前の

ガーデンパレスに移動

前と同じ和室へ。

 

 

彼は一日に二本だけ煙草を吸うので

 

一本ちょうだいと言ったら

 

どうぞ、といって、

その下手くそで

滑稽な吸い方を笑いました。

 

 

 

 

昼まで眠って

タクシーを捕まえて

 

さようなら

 

 

それが彼との最後でした。

 

 

 

 

夏は一度も会えず

 

彼の、私の好みに

ピシャリと嵌った背中に似合うだろう

Tシャツ姿を一度も見ることなく

 

とうとう秋がきたのです。

 

 

 

最近私はまた

彼と同じような、正体のわからぬ人と

とてもふわふわとした日々を送っていて

 

こんな気持ちも悪くはないなと

思っていた矢先

 

俺を忘れるなと言わんばかりに

 

 

「今なにしてますか?」

 

 

と、半年以上ぶりに

 

彼からのメッセージが

iPhoneの画面を照らしました

 

 

目を疑いました

 

 

 

それからは手が震えて

 

しばらくその辺に

iPhoneを放っておいたけれど

 

 

会いたさに負けて

 

今から会社を出ます、と

返事をしました

 

それからまた返信がなく

 

私が眠りに落ちて10分後に

再度

 

「今なにしてる?」

 

と連絡が来ていたことを

朝知りました。

 

 

 

私はその時思ったのです。

 

 

 

私は彼の都合のいい女であるには

違いないのだけれど

 

彼は私を忘れてもいなければ

嫌いにもなっていない

 

会いたくない女ではないし

 

ちょっとは会いたくて

 

 

むしろ、本当はちょっと

愛しく思ってるのじゃないかと。

 

ちょっとだけでも。

 

 

 

彼はよくしゃべるくせに

ひどく不器用で

 

 

そんな彼が、たまらなく好きで

 

今なにをしているのか

次いつ会えるのか

次はあるのか

 

そんな不安を私に常に与える人だから

 

だから彼を

いつまでも好きでいられるのです

 

あまりの会いたさに

会社から家まで号泣しながら

電車に揺られるくらい

 

好きでいられるのです。

 

半分これはもう

執着とも言えるのでしょうが

 

 

ひとつだけ

彼に言いたいことがあるとすれば

 

私以上に

あなたに会いたいと思っている女が

他にいると思うな

 

ということです。

 

 

 

次会えたら

 

なにを話そう

 

 

なにも話さなくてもいいから

 

ひたすら手をつないでいたいです

 

 

嫌がられても

それが最後になっても後悔のないように

好きなだけ手をつないで

 

 

いつも好きよ、と

伝えなくてはと思います。

 

 

 

 

祝! ツイッターからの卒業

もう、タイトルどおりです。

 

いつもは8時に起床する私ですが、

なぜか6時半に目が覚めた今朝、

いの一番に脳裏を駆け巡ったこと

 

 

 

「過去の発言を全部消したい!!!!!!」

 

 

 

もはや過去を消したい

 

全部消したい

 

フラットになりたい

 

生まれ変わりたい

 

とりあえずツイートを全部消せば

きっと幸せになれる(?)

 

 

 

瞬間、私の親指はすでに

twitter 全消し”

とググり始めていました。

 

そんなのあるのかと思いつつも、

これまでに抱えた大概の疑問が

yahoo知恵袋で既に誰かに解決され済の私の考えることなんて

世の中の皆が考えないわけがないわけで

 

もちろん、あったわけです。

twitter全消しアプリ。

 

その名も

黒歴史クリーナー」。

 

なんて素敵なネーミング。

爽快感に溢れています。

今朝の私の脳には、

黒歴史をクリーンにするというその清々しさが

あまりにも魅力的に映り、

即効で実行したわけです。

 

後ろ髪を引かれて決断が揺らがないように

全部一気に消してしまおうとしました。

過去のtweetを全てダウンロードして、

それをアップロードすれば消えるらしいのですが、

 

なぜかダウンロードできない。

 

仕方なく、3200ツイートくらいずつ消すパターンで

やってみることにしました。

 

私のツイートは全部で15000ほどあり、

全て消すのには、これを5回ほど繰り返さなくてはならないのですが

うまくいったのは最初の一回だけ。

 

二回目からはなぜだかうまくいきません。

やけくそになって、通勤電車内でツイ消しルーティンを

延々とやっていました。結局うまくいかず……

 

と思っていたのですが、

昼休み、いつもの癖で何気なくtwitterを開くと

 

!?!?!?!?!?

 

全部消えている!?

 

 

 

 

……ショックでした。

消えていないと思っていたのですから。

 

 

甚だ娯楽的ではありましたが

無い頭で一生懸命考えた140文字だって

一応、あったわけです。

 

 

それが自分の予想外の展開で

お別れの暇も与えずに消え去るなんて…

 

 

 

ショックではありましたが、

かなりすっきりしています。

過去の恥ずかしいあんなことやこんなこと

などなどの

現存する記録的なことは、もうこの世に残っていないのです。

 

私の頭の中にしか。

 

 

2016年の目標、ツイートをやめること

達成!!!!!

 

 

私のような浅はかな人間が

安直な言葉を垂れ流しにする場所ではなかったのです

 

ネタ作りのためだけに

色んな事をうがった視点で観測し

大してひねれたことも言えず

恥と無知だけさらして……

 

百害あって一利なしとはこのこと!

 

 

自分との約束を一つ果たせて

少しだけ自己肯定感高まったような。

 

 

ちょっとだけ幸せに近づいたかな。

 

おやすみなさい。