読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せに暮らしたい日記

未経験を一つでも減らしてから死にたいのに、小心者すぎてスマホという窓を通してしか世界を見ることのできない日々をそろそろやめたい人の心の叫びとメモ

コンドーム以下

 

 

何もかもに腹が立つ

 

どうしてか分からない

 

 

 

今日は会社で三回下痢をして

 

 

そのうち二回は

 

同じフロアでするのはいやだったから

 

わざわざ四階まで下りた

 

 

あとの一回は

 

めんどくさくて降りなかった

 

 

排泄するとき思う

 

人間には穴が一箇所だけ開いてて

 

それは口から肛門までの

 

長い管だけなんだなって

 

 

それ以外に穴は開いてなくて

 

それが詰まったら死んじゃうから

 

 

 

 

つまるところ私は何にも考えちゃいなくて

 

 

生きる意味とか

 

生き辛いとか

 

日本の自殺者数とか

 

何故生きるのかとか

 

 

そういう検索ワードは全部網羅したし

 

検索履歴はどうしようもない言葉ばかり並んでいて

 

 

汚いことか

 

死ぬことか

 

男性のこととか

 

エロい事とか

 

 

そういうことしか考えてなくて

 

 

もっと高尚なこと考えられたらいいんだけど

 

 

結局生きるとか死ぬとか

 

そんなこと考えているようで

 

哲学書なんか読まないし

 

宗教について学ばないし

 

人の話なんか聞いてるようで聞いてないかも知れなくて

 

人の優しさもお世辞も何もかも嘘に聞こえて

 

この世界は嘘だらけで

 

欲しいものなんか何も手に入らなくて

 

欲しいものなんか無くて

 

欲しいものあるはずなのに

 

それを見つけて手に入らなくなることが怖くて

 

やらなきゃいけないこととか

 

理想とか

 

責任とか

 

 

そんなものたちに向き合うことから逃げていて

 

 

新しい命を生みだすことの重さとか

 

生きるってなんなのとか

 

 

そういうのをどんどん吐き捨てて

 

満足したような気になって

 

何にも解決してなくて

 

 

それでも息を吸ったり吐いたりして

 

死ねないくせに

 

そういうことばっかり言って

 

 

そんな自分が痛くて痛くて

 

嫌で

 

気持ち悪くて

 

 

好きなものに浸って

 

タバコ吸って

 

 

好きな物とか人とか理想とかに

 

何となく近づいたような気になって

 

自分に酔ったみたくなって

 

 

そんなのが最強にダサくて

 

 

薄っぺらくて

 

ぺらっぺらで

 

 

コンドームなんてあんなに薄いのに

ちゃんと病気とか

 

望まれない生命の誕生とか防いでるのに

 

 

私の薄さって何の役にも立たなくて

 

 

どんだけ薄くなってもだれも喜ばないし

 

誰も気持ちよくならない

 

価値も上がらない

 

ただでも誰ももらわない産廃

 

 

 

今さえ良ければいいとか言って

 

お菓子たくさん食べて

 

気持ちいいことたくさんして

 

 

ほんと全てが糞みたいで

 

 

 

ほんとは気持ち良いことばっかりしていたい

 

適度な人と布団に入って

 

嘘みたいな愛の言葉を

ミミタコほどに囁きあって

 

温もりあって

 

金が自動的に沸いてきて

 

好きなものばっかり食べて

 

好きな音楽を聴いて

 

一日中飽きるほど寝たり起きたりしたい

 

 

そんな馬鹿みたいなこと考える自分も

 

死ねば良いって思うのに

 

死ねなくて

 

 

みんなまじめで

 

ちゃんと生きてて

 

 

私は食べて下痢ばっかして

 

適当に笑って

 

嘘ばっかりで

 

全部嘘で

 

 

意味わかんない

 

 

 

穴をね

 

全部埋めたいんだ

 

 

 

穴なんかね

 

なくていいんだ

 

 

穴が埋まるととてもいい

 

 

 

穴なんかね

 

在っちゃいけないんだ

 

 

 

胸に穴が開いていて

 

底がなくて

 

どこまででも落ちていく

 

 

どんなことばも吸い込まれて

 

何も感じない

 

 

穴を埋めたくて埋めたくて

 

 

ドーナツの穴がなんとかかんとかとか

言ってる人いたけど

 

 

穴は穴だよ

 

 

最強に頭悪いから

 

同類が嫌い

 

 

自分をみてるようで

 

 

 

 

最強に醜いから

 

かわいくない人も

不細工も嫌い

 

自分の醜悪さを思い出さされて

吐きたくなるから

 

 

 

 

汚いところに棲みたくない

 

れいなものばっかりみていたい

 

 

 

まるごと愛して

 

穴を埋めてほしい

 

 

 

変わりたいようで

絶対変わりたくない

 

 

あなたにも変わってほしくない

 

 

誰も変わってほしくない

 

 

みんなそのままでいてよ

 

 

 

脅かされたくないけど

 

どこまでも介入してほしくて

 

 

骨まで愛されたいし

 

愛したい

 

 

どうしようもなくてさ

 

 

みんなどうやって生きてるの

 

 

こういうのって18歳で終わるんじゃなかったの

 

 

 

 

いまだにありがとうって

 

思えない出来事がたくさんある

 

 

心がブラックホールじゃなかったときの

 

自分がかわいそう

 

 

最初からそうだったなら

 

もっと楽だったのにね

 

 

全部真に受けちゃって

 

馬鹿でほんとかわいそう

 

 

 

 

信じなければ

裏切られないし傷つかない

 

 

死ぬほど傷つきたくない

 

 

 

人に死ねって思って本当に死んじゃったらやだから

 

 

そんな言葉は全部自分に向けるよ

 

 

あの人たちってどんな人生送ってるんだろ

 

 

結婚して子供生んだりしてるのかな

 

 

どんな子供が育つんだろう

 

 

できれば同じ世界で生きていたくない

 

 

どこまででも幸せになってよ

 

 

一回刺さった言葉ってね

 

良くも悪くも消えないんだよね

 

 

毒牙みたいに

 

抜けなくて

 

一生その人の中で毒をまき散らかすんだよ

 

 

心って物じゃないからさ

 

触れないし

 

薬もつけられないからね

 

 

手に刺さったとげみたいに

 

簡単に抜けないんだよ

 

 

十年以上顔も見てないけど

 

幸せになってよ

 

 

人生を分かったような気になって

 

幸せに生きてよ

 

 

あのときあんなこと

言わなきゃ良かったとか

 

しなきゃ良かったとか

 

後悔とか反省とか絶対しないでよ

 

 

一生そんなふうに生きて幸せになって

 

 

 

 

生きててごめんなさいね

 

 

何も愛せない

 

 

里帰りだってほんとはしたくない

 

 

イオンモールは地獄

 

 

 

犬みたくさ

 

何にも言わないで

 

指図しないで

 

愛以外求めないで

 

ただその温もりを与えて

 

愛しそうに全部嘗め回してよ

 

寂しい

 

 

 

生きててごめんなさい

死ななくてごめんなさい

 

これだけは本当