幸せに暮らしたい日記

未経験を一つでも減らしてから死にたいのに、小心者すぎてスマホという窓を通してしか世界を見ることのできない日々をそろそろやめたい人の心の叫びとメモ

煩雑な頭の中の整理用メモ

appleのCMに使われる曲って

本当に外れないな

って思いながらBillie Eilishにはまった夜

 

顔に尋常じゃない硬さのニキビが

仲良く二つできたので

慌てて素性のわからない酵素洗顔とやらで

びしびしと顔を洗った

 

約3年前の自分の顔写真が

友人から送られてきて

その無邪気な笑顔に愕然とした

彼に出会った頃の私だった

 

部屋のガジュマルの調子が悪い

おそらく寒いからである

不憫だと思う

屋久島でしっとりと暮らしているはずの植物が

京都の寒々とした部屋で

葉を黄色く紅葉させている

環境に文句をいうこともなく

ただ生きるために健気にすっくとしている

 

文明に追いつこうと

利器を購入した

Surface laptop2

iphone8

 

以上二点

 

起動時間およそ5秒のラップトップちゃんを意味もなく触り

applepayにsuicaJALカードを登録して

今日は抹茶キャラメルとピュレグミを買った

 

どれだけ文明に乗っかったところで

部屋の蜜柑にカビは生えるし

顔にニキビはできるし小じわも消えない

 

27歳なのであるよ

私はもう

そりゃ目も落ち窪むし

ロングヘアが似合わなくなってくるよな

 

土曜日は初めて13日の金曜日を見た

初めて見るのにリメイク版で

あまり面白くなかった

ああ、またおっぱいか、という感じ

 

最近一番面白かった映画は

寝ても覚めても」に違いない

 

いろんなことを考えたわけである

 

要するに、

寝ても東出昌大

起きても東出昌大

そういうわけである

 

私はいつも寝ているので

常に好きな人のことばかりである

起きたら、誰もいないという現状

 

そのまま一生寝ているつもりか?

といろんな人に言われる

そんな私の心の友は、

角田光代先生の「愛がなんだ」の主人公、

山田さんである

山田さんだけが、私の気持ちを分かってくれる

 

愛は綺麗ごとじゃない、

などと大声を出す人がいる

私なぞはそれを、

実に醜いな、などと思いながら

相槌を打つわけである

愛がきれいごとじゃなかったら、

世の中に綺麗なものなんかないだろう

愛しあう、ということはよくわからないけれど

一方的に自己犠牲的にでも誰かを強く愛す気持ちだけは

綺麗ごとにさせてくれよ

どれだけ醜かろうが臭かろうが

美しいことにしておいてほしい

 

人の気持ちなどもう何年も前から信用していないので

自分の気持ちだけを頼りに生きているところがある

自分のことを好きになってくれる人が万が一いたとしても

私にそれはわかりっこないし理解もできない

私が信じられるのは、

私があなたを好きだ、というその無垢な感情

それのみだ

どこをどう間違ったらそうなったのか

と親は嘆いていたけれど

最近は嘆くのをやめて笑っている

申し訳ない

 

あなたは

愛する人に、何をしてあげられるのだろうか

わたしは

どれだけ想っても、何もしてあげることがなくて

途方に暮れている

わたしは

たくさんのものを彼からもらっている

と思っている

物理的に形に残るものは

何一つもらったことがない

(彼が部屋に残していったペットボトルを

後生大事に保管していたので、

それをもらったと言えるのなら話は別)

 

わたしたちの誕生日から

ちょうど一か月後の日

彼が急に会いに来た

遅れてきた誕生日だ!と

はしゃげば可愛かったかしら

と思いながらもう一か月近く経つ

 

わたしたちは付き合っているのか

そうでないのか

付き合っているとはそもそもどういうことだったか

わたしにはもうわからないというところまで

事態は深刻化している

 

 

<わたしの望み3つ>

 

①両親が死んだのち、私が入院などする際にサインをしに来てくれる人が欲しい

②一緒にはできれば住みたくない

③好きな人の子供が欲しい

 

現段階、以上三点であることを

2018年12月17日、明確にしておく

 

 

私にとって

好きな人は生きるアートだ

 

次にこの人が何をするんだろうとか

そういうことをつぶさに見ていたい

 

結婚や妊娠で

彼の思い描く人生の方向性を強制的に変えたくはないのである

図らずもわたしは彼の人生に参加してしまったけれど

なんだか妙な感じである

参加型の制作を彼は認めるんだろうか

 

結婚こそが幸せだ

一緒にいさえすれば好きになる

真剣に訴える人と知り合った

惹かれるものが何もなさ過ぎて

怖かった

 

愛がないとだめなのである

怖いくらい愛されれば

わたしは何か変わるだろうか

もし彼が、わたしを死ぬほど愛したら

わたしは彼に飽きるだろうか

ねえ

どうだろう

親以外から愛されたと思ったことないから

わかんないな

 

今日も好きな人が好きな一日でしかなかった

わたしは死ぬとき何を後悔するだろう

病床で、彼に会いに来てと懇願する手紙を書くだろうか

宛先もわからないけれど

愛しているのである