幸せに暮らしたい日記

未経験を一つでも減らしてから死にたいのに、小心者すぎてスマホという窓を通してしか世界を見ることのできない日々をそろそろやめたい人の心の叫びとメモ

春、禿げる

 

春がむずむずし始めるころ

白い靴が欲しくなるのはなぜだろう

 

去年も、その前の年も、

沈丁花や桃の香りをのせた夜風の中で

「白い靴を買わねば」

とはっきり思った

 

無印の真っ白のデッキシューズを買い

意気揚々と出かけた後

防水スプレーをかけ忘れたことに絶望し

七日もたてば、もういいや、と

自分の足で自分の足をよく踏む悪癖も

気にしなくなった

 

無印の真っ白のデッキシューズは

その後、4回ほどリピートした

そして毎回、真っ黒に履きつぶして

おじゃんにしてきた

 

でも、今年の私は違う

2020年3月における

私の人生に対する意気込みは違う

20代崖っぷち、気に入ったものには

尻込みせず足をつっこむことに決めた

 

すみません、

前置きはどうでもいいのです

kissa sportsのヒールアップスニーカー

を買ったと言いたいだけなのです

 

ついさっき買ったんです

YAHOOショッピングで買ったんです

まだ届いてないんです

土曜日に届くんです

 

奈落の底みたいな昨夜までだったけど

たった1万円の出費で

人の心には羽が生える

(まだ履いてないのに)

 

普段いつも履いているのは

CROWNの真っ黒のジャズシューズ

 

柔らかくて、大きさがちょうどよくて

そこそこフォーマルで

どこにでも履いていける

底はゴム製なので

雑に歩く私には

擦り切れないのがまた良くて

 

1年半ほど二日と開けず履いた結果

昨年末にとうとう側面に穴が開き

慌てて同じものを買いに走った

 

どんなに雑に扱っても

洗いざらしても

びくともせず

むしろ味わいが増すような

そんな物が好きなのだけど

壊れないものなんてない

人も、物も

 

壊れて初めて

慌てて同じものを買いに走る私は

今まで無意識に

誰かを傷つけてきたのだろうな

物は代替がきくけれど

人は無理だ

自分の体も

 

心を開けば開くほど

無遠慮になり

雑になり

粗野になり

 

わかっているのにね

 

人気のない夜道で

自分の息の跳ね返るマスクをもぎ取ったら

夜風が顔をさぁっと撫でた

ひんやり、心地いい

たまらなく春の匂い

肺いっぱいに吸い込んだら

胸がぎゅっと苦しくなって

涙が出る

 

ああ、もうどうでもいいな

 

2度目の円形脱毛症も

結婚できそうにないことも

子供が産めない体になるかもしれないことも

癌の赤ちゃんがいるかもしれないことも

たいしたことなかった自分の人生も

 

ずっと桜が咲かなければいい

ずっとつぼみを愛でていたい

ずっと春なんて来なければいい

ずっと春が来るのを待っていたい

 

白いスニーカーで

どこへいこうかって

ずっと考えていたい

 

なにもかも変わらないで

永遠に何も変わらないで

 

私を置いていかないで